【夏至の夜空に魅せられて】恋のチカラと小田和正とぷらねたりうむ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

 

宇宙とか星って聞くとロマンを感じますか?

感じる人はぜひ今日の記事を読んでいってください。

そんなあなたにどうしてもシェアしたい気持ちが!

昨日の夜、夏至の星空を見上げたら・・・

 

lgf01b201311042000



 

こんにちは、よーすけです。

やっと精神的ひっきー(引きこもり)状態が脱したらしく、

怒涛の三日連続更新です。笑

 

5月半ばあたりから6月中盤にかけて重かった・・・。

自分だけじゃなくてまわりの人たちもなんだか重たい感じでした。

それも徐々に抜けてきたみたいですね。

 

そうそう、昨日夏至だって記事に書いたんですけど

夜出かけたときにですね、何気なく夜空を見上げたら三日月があって

その左下のほうにたぶん、獅子座のレグルスって星が見えたんです。

IMG_4094

 

 

↑こんな感じ。

もしかしたら木星かも。笑

 

よくホロスコープで天体の位置とか見てたわけですけど

紙の上でみていたものと、

実際の星空の位置が自分の中で結びついたとき、

なんだかすっごく感動しました。

 

ああ、昔の人たちはなんてロマンチックだったんだろう、と。

そしてとんでもなく緻密。

 

だってね、空にキラキラ浮かんでる星達が日々どう動いてるのか観察して、それがどう現実と関わってるのか推理しちゃうっていう。

なんて地道な努力家?

キラキラっていえば私は母の影響で俳優の堤真一さんが好きなのですが、堤真一さん主演の「恋のチカラ」ってドラマの主題歌を思い出します。

小田和正さんの「キラキラ」ってタイトルの曲ですね。

トレンディ・ドラマってやつですけど・・・。

あーいう雰囲気のドラマがやっぱり好きです。

そういえば堤真一さんが18年ぶりにドラマ主演するそうですね。

「リスクの神様」でしたっけ。V6の森田剛くんまで出るとか。

なつかしいなー。

V6といえば「学校へいこう」ですけど、

そういえば理科の授業で星について勉強したよなー。

 

あのときはぜんっぜん魅力に感じなかったけど、、

 

天文学と占星術は昔一緒にされてて、シュメールの時代からあったそうです。

そもそもシュメールはシリウスからやってきた宇宙人が

なにやら色々伝えたという話もありますが、

今日はそういうスピな話は置いときましょう。

(エジプトの占星術はシリウスを中心に考えるんだとか)

 

ともかくわたくし、星の魅力にやられてしまいそうです。笑

木星が獅子座に入るって、ほんとに入ってる・・・!

言葉では説明できない興奮です。もどかしい、、

 

なんだか最近、友人から星占いをお願いされはじめたのがきっかけでしたが、長くお付き合いすることになりそうですよ~。

 

ふれてみると、とっても奥が深い星の世界。

貴女もいかがですか?

 

P・S

星といえば、この間プラネタリウムがあるバーに遊びにいってきました。

バーに続く扉を開けると、予想外の真っ暗闇・・・。

明かりは各テーブルに置かれた小さなキャンドルと、

天井に映し出された星空のみ。

とってもロマンスな空間でした。

ぜひカップルでいくのをおすすめします~!

宇宙食カレーなんてメニューがあるんですよ。笑

プラネタリウムバーの公式ページ

 

bar_main01_s6ys

 

画像よりもーっと暗いです。

 

P・P・S

8月2日、私が勝手に師匠と仰ぐ城ノ石ゆかりさんをお招きして

20代向けコーピング・イントロダクション講座を開催します。

必死で押さえ込んできた自分の感情と向き合って、自分らしく生きる。

一日で4kg痩せたり、講座毎に扱うビジネスの金額の桁が上がった人がいたり、

私個人で言えば村上春樹さんと直接メールでやり取りできたり、一生やっていきたい!と思う人たちと出会えたり、とにかく色々動くのが特徴の講座です。

あなたや、あなたの大切な人にぜひおすすめしてくださると嬉しいです★

20代向けコーピング・イントロダクション講座詳細はこちら

(10代、30代も参加可能!)

P・P・P・S

小田和正さんのきらきら。
いい曲だなぁ。

 

この記事に癒された人は、こんな記事にも癒されてます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">