しなければならないを、したいに変えるための技術【自分を許す技術】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

「しなければならない」を「したい」に変えることで、

無理せず日常生活を送ることができる技術とは?

resting-200022_640

 



日々、生活していると仕事や家事など

生活をしていくために必要なさまざまなことをこなさないといけません。

しかしときには、それらをやりたくないと思うときがあるもの。

 

そんなときは、無理にやらないことを選ぶのもひとつの手だと思います。

 

「いやいや、そんなこといっても会社には行かないといけないし」

「掃除しないと部屋が大変なことになるし」

 

という返事が返ってきそうですが、そう思うのがふつうだと思います。

だから、大切なのはその気持ちをどうクリアするかではないでしょうか。

たとえば、仕事に行きたくないときは

 

「仕事にいくことで、自分のどんなニーズが満たされるのか?」

 

これについて考えてみます。

 

仕事をして収入を得ることで、好きな本を買ったり、友達と遊びに行くこともできるし

家賃や生活を支払うことができたり、旅行にいくこともできます。

 

こんな風に考えることができて「よし、いこう!」と思えることもあれば、

やっぱり今日は休んで家でぼーっとするという選択をすることもあります。

 

どちらにせよ「しなければならない」ストレスから解放されています。

もちろん休んだら、次の日が忙しくなってしまうかもしれませんが(笑)

気力が回復しさえすれば、また続けることもできますよね。

 

人によって、お金の問題や人間関係の問題で

すんなり「したい」にもっていくのは難しい場合もあると思います。

その場合は、選択肢はひとつじゃないことを頭の片隅に置いておき

したいと思えるタイミングを待つこともできます。

 

自分がいま、感じていることを大切にしたいですね!

この記事に癒された人は、こんな記事にも癒されてます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">